2015年03月11日

入スポ【エルドレッド帰国…】

1426042304079.jpg 
半月板損傷、右膝再検査の為、米国に一時帰国することになった。監督は「カントリー(エルドレッド)の力がなければ優勝するのは難しい。代わりはいないから。一人ではなく二人、三人で補っていく」と、ショックを受けていた。

「カントリー」の愛称は、体も心も大きい、というのが由来だった。その愛称通りに、不平不満を言わず全力プレーを貫くのが信条だった。本人は「子供のころ、父親に『結果よりも最後まで頑張る姿勢が大事だ』と教えられた」と話していた。平凡な内野ゴロでも一塁に全力疾走する姿が印象的だった。
昨年、不振で二軍に落とされた時も、怒らず真面目に練習を続けた。外国人ではありえない姿勢だった。
チームの大砲の復帰は未定。今年の広島は、投手力を全面に出す必要がありそうだ。


以上


編集長 井上
入場スポーツ新聞
posted by 急運 at 12:08 | Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]