2014年05月02日

人生綱渡り

肉の配達中、自動販売機でコーヒーを買っていたら、乳母車に空き缶を集めて入れているセントちゃんに風貌が良く似たおっさんがやって来た。
仕事の邪魔にならないように離れて見ていたら空き缶入れの中から残っているペットボトルの水を飲み始めた…
その時、俺は思った。あっちの世界に俺も片足を入れかけたのを救ってもらった事を忘れていた、助けてくれた人に感謝します。
今でも綱渡りをしているようなもので、いつ落ちてもおかしくない!
生活保護を受けるような保護動物にならないように年金をちゃんと払って行こうと改めて思った次第です。


以上

男井上51歳
posted by 急運 at 14:20 | Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]