2014年05月01日

CAT’S EYE【番外編】

あれは、わたくし編集長井上が高1の夏休みの出来事でした。
夏と言えば甲子園!
その山口大会予選で本当に度肝を抜かれました!!
一年生は強制的に野球部以外もスタンドで応援はあたりまえでした。
ただ、野球部の連中は「あねぇ速ぉて浮いて来る球、当たりゃあせんにぃのぉ」と?
しかし、事実だった、球がホップしてました!
そうです、あの炎のストッパー津田でした。
後に社会人を経てカープへ入団し新人王獲得も血行障害に悩まされた、しかし守護神としてカムバック賞!
あの、阪神バースは「津田はクレイジーだ」と、しかし思い出す対巨人戦での原との対決!
原、強振もファール左手骨折!
しかし、数年後の開幕直後、対巨人戦(広島球場)ピンチで登板も原に真っ直ぐを打たれ降板…
その一球が最後に投じた津田の真っ直ぐで、再びマウンドへ上がる事はなかった。
この年、広島はリーグ優勝、しかし二年後の平成5年オールスター開催中に帰らぬ人となった。

津田 恒実 享年32歳

【弱気は最大の敵】

私は、彼を絶対に忘れません!
郷土の誇りじゃけん!!


以上


入場スポーツ新聞
posted by 急運 at 08:51 | Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]