2013年07月09日

あいのり津駅便 たより

NCM_0048.JPG津駅便終了後 蚊に刺されに
お客さんの倉庫に行きますが、今年は、例年ほど刺されない? 
年なのか?蚊が少ないのか?

で、帰ると子供直樹の頭が変?
ツルツル頭に白い線が入っている?
頭蓋骨の割れ目?おかしい?
さっそく病院へ 

先生も何だろか? 

ん?お父さんプール入ってますか?
水泳帽の日焼けの後では?

水泳帽メッシュ部分とつなぎ目の部分 メッシュ部分は日焼けして
つなぎ目は日焼けせず、だから変な感じで白い線が残ったみたいで
先生と大笑い

まぁ良かった良かった!

あいのり津駅便 JIN
posted by 急運 at 21:24 | Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふむふむ☆

KJMさんのご要望により、きちんと調べてみました(^-^)/

梅雨入りと梅雨明けの定義は?
春と夏の間に、梅雨があります。
よく天気予報で「梅雨入り(入梅)」や「梅雨明け(出梅)」と言う言葉を聞きますが、それぞれどうなるとこう呼ばれるのでしょうか?
実は、梅雨入り梅雨明けに、明確な定義はありません。
一応、「だいたいこうなれば梅雨」と言った曖昧な決まりはありますが、ビシッと「こうだ!」と言う定義はないのです。
もともと、「梅雨入り」「梅雨明け」と言うのは、マスコミの要請で作ったものなので、あまりちゃんと考えなかったようです。
そのため、両者の定義は資料によって、
「曇り、又は雨が1週間以上続くと予想された時、梅雨入りとなり、梅雨明けは晴れが1週間以上続くと予想された時」
「梅雨明けとは、梅雨前線(これの位置だけは特定できる)が北上、南下、消滅のいずれかにより、その地域に戻ってこないと判断された時」
「梅雨入り、梅雨明けも結果論(それを過ぎてから『あの時が梅雨入り(梅雨明け)だった』と言う)」
などバラバラ。
結局、これらを総合して考えると、「梅雨明け・梅雨入りの定義は不明確」と言うのが妥当と言えるのです。
気象庁が、梅雨明け梅雨入りをその後になって発表するのは(事前に予報しないのは)、こう言った理由からなのです。
ちなみに、何故梅雨になるかと言うと、北にある冷たい空気(オホーツク海気団)と、南にある暖かい空気(太平洋気団)とがぶつかりあうと梅雨になります。
このぶつかった部分(梅雨前線)には雲が発生しやすく、その結果として、大量の雨が降るのです。
そしてこの梅雨前線。これの動きを予想する事は、現在の科学をもってしてもかなり難しいので、梅雨明けの予想が出せないのです。


とのこと。

きちんとした決まりはないってことですね〜笑

で、質問だった、梅雨の中休みの定義は?

梅雨期間の中で現れる数日以上の晴れ、または曇りで日が射す期間。

だそうです( ̄▽ ̄)


モッキーナでした☆
posted by 急運 at 20:06 | Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいのり津駅便 たより

NCM_0047.JPG今日は、金曜日の次に忙しい火曜日津駅便です。

近鉄名古屋駅 2便目
パテスリー パリ デリスさんへ
運んでいる時にプルンプルンするので

プルンプルン フルーツゼリー

かなりボリュームあります!

あいのり津駅便 JIN
posted by 急運 at 15:42 | Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お疲れ様です!

暑いね〓

体資本です、しっかり食べて、沢山寝て下さい〓

急に暑く成ってからだついて行けない〓

元気ですかー〓

大将元気だよ〓
posted by 急運 at 15:34 | Comment(1) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはようございます☆

 気象庁は8日、東海から九州地方にかけて梅雨明けしたとみられると発表した。東海の梅雨明けは平年より13日、昨年より15日早い。

と、昨日のニュースでやっていました。

梅雨明けの定義。
中5日雨が降らない日が続くと、梅雨明けとみなされるようです。

なんか、そんな日、梅雨時期にあった気がするけどなぁ…と思ったり。

梅雨が明けたと同時に、やってきましたね、うだるような暑さが…

暑さに負けず、体調管理はしっかりとしましょうね(^-^)/


モッキーナでした☆
posted by 急運 at 09:47 | Comment(1) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月9日

稲垣潤一の誕生日です。




ベジータ
posted by 急運 at 05:24 | Comment(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする